ついにロシアに到着しました。成田から約10時間。腰がくだけそうです。さて本稿ではモスクワの街と滞在の様子を中心にご紹介します。前回までの記事は下記をお読みください。

シェレメーチエヴォ国際空港

ついてにモスクワに到着しました。10時間のフライトで結構、足や腰にダメージが来てますので早く自由に動き回りたいです。到着した空港はシェレメーチエヴォ国際空港です。モスクワには3つ空港があるらしく。今回はエアロフロートを利用しましたのでエアロフロートが拠点にしているシェレメーチエヴォ国際空港に到着です。JALの場合は別の空港を利用するようです。この空港は飛行機を降りてからは、荷物をピックアップしてすぐにタクシーでモスクワ市内に向かいましたので、あんまり長居してません。ちょっと古くて、きたないかなと思うことはありましたが、めちゃめちゃ汚いわけでもなく、可もなく不可もなくと言った印象です。荷物は割とすぐに出てきました。いつも、ちゃんと到着してるかな。別の国に飛ばされてないかなと心配してしまうのですが、そこは成田で飛行機に積み込んでますので大丈夫ですよね。成田空港、いい仕事してくれてます。

SIMカードの購入

空港からモスクワ市内に向かう前にやるべきことの一つとしてSIMカードの購入があります。日本ですで購入してる人(できるか分かりませんが)は問題ないのですが、私はSIMを用意してきてないので、こちらで調達する必要があります。やっぱりGoogleMapとかないと不安ですしね。

SIMは荷物を受け取って、旅行者のみ入れるところから外に出たところですぐに見つけることができました。ドアの前には現地の旅行業者が〇〇一行みたいなカードを持ってたりするので、人だかりができているのですが、そのすぐ横あたりにSIMの看板があるのですぐに分かります。

店員がいますので、どれくらいの期間必要なの?だったら、○○ギガのがあるけどどう?みたいに聞かれますので、ハラショーと答えてスマホを渡すとSIMを入れ替えて設定までやってくれます。思ってたよりサービス良いです♫ もともと入っていたSIMは日本に帰ってから必要になりますので、きっちり保管しておく必要があります。料金は10間で1,000円以下だったと思います。ギガについては15ギガぐらいあったような。実際には10ギガもいらないかもしれないですね。ただ、なんとなくなくなって通信できなくなったら怖いので、多めにしておきました。ロシアでは「MTS」や「MegaFon」というのが大手通信社らしいです。日本のNTTやKDDIみたいなものでしょうか。荷物の受取所を出たところに看板がありますので、その看板の下の店員のところに行けばオッケーです。

SIMはカードを入れ替えるだけでなく、有効化せねばならずスマホの画面上で操作していくのですが、それもやってくれました。私はiphoneを使っているのですが、慣れた手つきでどんどん設定を進めていきます。日本語なので読めないのですが、どんどん設定やってくれます。iphoneはやはり世界共通なので、言葉がわからなくても設定できるのでしょうか。日本メーカーのスマホだともしかしたら自分で設定しなければいけないかもしれないですね。

いざタクシーでもモスクワ市内へ

タクシーも荷物の受け取る場所から出たら、目の前にカウンターがあります。あんまり英語が得意な人ではないようでしたが、そこはホテルの住所を指差しながら強気のコミュニケーション。向こうも慣れているらしく、こちらの言いたいことは伝わってるようです。そりゃ、タクシーのカウンターなのでやることは決まっているのでしょう。行き先がわかると40分ぐらいね、いくらぐらいかかるわよ。と言われるので、またハラショー!支払いを済ませます。

すると、タクシー乗り場に連れて行ってくれば、ドライバーになんやら話しています。すると、ドライバーがやってきて何か言われました。こちらは完全にロシア語。英語はほぼほど話せないようです。ただまぁこちらもジェスチャーである程度は分かります。荷物をトランクに積み込んでくれるようです。そのあとはタクシーの後部座席を指さされますので、乗り込みます。意外と言葉わからなくてもいけるものですね。

ホテルはモスクワの赤の広場の近くだったのですが、現地時間で夕方で少し混んでました。だいたい1時間ぐらいかけて到着。空港周辺は結構田舎で何もなかったのですが、街に近づくに連れて近代的なビルが見えてきました。おお、思ったより近代的。さらに市内中心部に近づくと、建物の雰囲気が変わってきました。今度は、中世風というのでしょうか。石造り、レンガ造りのかっこいい街並みです。ヨーロッパの古い街並みというと分かりやすいでしょうか。ちょうど暗くなってきてる時間帯だったので、ライトアップされてて、これはカッコいいですわ。

ホテル

ホテル到着。(ちなみにホテルはこちらのサイトでお得なのを探しました)タクシードライバーがなんやら言ってます。全く分かりません。なんやらサインが欲しいようです。2重で請求されたらどうしようと思ってたのですが、どうやらそれはないようです。目的基地まで到着したという確認のサインでしょうか。とりあえずサインしてあげ、荷物を受け取りホテルのフロントへ。

ホテルはというと、なんということでしょう!ここは中世の宮殿化というような神々しい作りではないですか。私の人生でこのようなホテル泊まったことはありません。近代的な建物ではなく、昔からある建物をホテルにして使っているのですね。素晴らしいです。

サービスはというと特に目新しいことはありません。普通のホテルと同様にチェックインして部屋に向かいます。この辺りは普通です。あとは、海外だとよくあるようなのですが、なんやらちゃんと逃亡しないで大勢しますということを証明するためにクレジットカードでのデポジットが必要な模様。海外だと無賃宿泊が多いのでしょうか。シンガポールのホテルでも似たようなことを要求されたことがありました。とりあえず、ここはクレジットカードを渡して講座に金があることを確認してるのでしょうか。まぁ言われるがままに処理していきます。日本に帰ってから明細見ましたが変な引き落としはされてなかったので、悪さはしてないようです。

部屋は、これまた中世の王室か、というようなほどベッドにクッションがあります。シャワー、トイレ、バスタブなど完備してます。お湯は発展途上国にありがちな、お湯が急に水になるとか、サビなどで茶色い水が出たり、水圧が安定しないなんてことはなく、普通に使えます。快適快適。ちょっとあなどっていたかもしれません。ごめんなさい。ロシア。

あと、長期滞在者向けでしょうか。ジムやプールなんていうもの完備されていたようです。水着やトレーニングウェアなど持っていくと、利用できてよかったかもしれませんね。しかし、日本でプールなんて数年行ってない私にはロシアまで行ってプールで泳ぐなんて選択肢はなかったのですが。。。

モスクワの街並み

さてモスクワの街並みですが、大きく分けて中世な面影を残すエリアと近代的なエリアに分けられると思います。中世エリアは息を呑むような美しい建物があり、街全体でも映画の中でしかみたことがないような景色があり、それだけで特別な体験ができました。

モスクワの街並み
モスクワの夜景
赤の広場
モスクワ・赤の広場
グム百貨店

上の写真は赤の広場と呼ばれる観光名所です。ロシア革命の舞台だったそうな。この赤の広場周辺にはクリムゾンやオペラ劇場など多くの観光名所があります。モスクワの中心地といっても良いと思います。全体的に写真のような様式の建物が並び、異世界に来た印象です。多くのブランド店舗も周辺にはあり、高級なショッピングエリアでもあります。日本でいうと、銀座でしょうか。赤の広場から徒歩3分ぐらいのところにはグム百貨店があります。歴史のある建物の中に、高級百貨店が並んでいます。なんかゲームの世界にいる感じです。

モスクワ高層ビル群
モスクワの高層ビル群

ひるがえって、こちらはモスクワにある近代的なビル群。先ほどの赤の広場からは電話で30分ほどでしょうか。こちらは、日本にはないような奇抜な高級ビルが多く立っています。ロシアは地震がないのでしょうか。

こちらのビル群の低層階には近代的なショッピングセンターが入っていて、日本のユニクロなどもありましたし、ソニーなどの家電も売られています。

まとめ

いかでしたか?モスクワの街並みはとてもキレイで、本当に異世界にいるような感じで、刺激的でした。もっと多くのメディアなどで取り上げられてもおかしくないと思うのですが、なぜあんまりメジャーではないのでしょう。

実際にモスクワに着くまでは少し、怖い印象もあったのですが、実際に街を歩いてみるとその印象が大きく変わりました。こんなに美しい街には訪れたことがないと思いました。少しでも、興味を持っていただければ嬉しいです。